認知症の行方不明 地域の対応は



みなさんは認知症について

どの程度ご存知ですか。


行方不明者の情報


誰でも認知症になる

可能性があるので気をつけるべきです。




認知症の症状には

たくさんの種類があります。




基本的には、物忘れなどの

記憶障害や妄想、幻覚までさまざまです。




日時や、場所がわからないことや、

知人、家族の顔がわからないといった

ケースまであります。




特にやっかいなのが、

「行方不明になること」です。




判断能力が低下しているため、

自分がどこにいるのか

分からなくなることがあるのです。




家の鍵をきちんとかけていても、

いつの間にかいなくなっていることもあります。





地域のサポート対応に頼りましょう



認知症患者が

行方不明になるたびに、

家族は探しに行かなくてはいけません。




昼間だけではなく、

深夜に探し回ることがあり、

仕事や家事をするどころでは

なくなることもあります。




最近は、そんな家族を支えるために、

地域が対応してくれるようになりました。




認知症患者が住んでいる

地域の人たちに頼むことで、

目撃情報が集まり、

すぐに見つけることができます。




それだけではなく、

時間が空いている人を中心に

お世話をしたり、パトロールをしたりと

認知症患者やその家族のための

手助けが行われています。




家族だけで抱え込んで、

悩む必要はありません。




気軽に悩みを相談して、

地域から助けてもらいましょう。




行方不明の捜索に役立つサイト

http://xn--68jt82gkhc1so12jvh3ah82a.com/

AllAbout